ワードプレス

【ワードプレス】別のブログへ記事だけ引っ越し移動させる方法

現在報酬が発生しているブログは、3ブログある私。

けれど実は、1つの雑記ブログから初めてアクセスがあったカテゴリーを、2つの特化ブログに移動して3つに分けました。

そんな風に、ブログを複数運営していると

『この記事だけ、こっちのブログに移動させたいな…』

なんて思う事あるんですよね。

今回はそんな時に簡単に、記事だけ別のワードプレスブログへお引越しさせてしまう方法をご紹介しますね。

とっても簡単なので、ぜひ参考にしてください^^

記事を別ブログへ移動させる手順

まずはおおまかに、今回移転元ブログから移転先ブログへ記事を移動させる手順をお伝えしますね。

全体像を把握してから作業をするとわかりやすいので、何となくでいいのでイメージしてみてください^^

  • STEP01
    移転元のブログにプラグインをインストール

    移動したい記事があるブログに、データをエクスポート(転送)する為のプラグインを入れます

  • STEP02
    移転元から記事をエクスポートする

    移動したい記事を、データにして保存します

  • STEP03
    移転先に記事をインポートする

    データとして保存した記事を、移転先のブログに入れます

  • STEP04
    リダイレクトを設定する

    移転元のアドレスにアクセスがあった場合に、移転先へ自動で移動する必要があります

  • STEP04
    エクスポートとインポートに使ったプラグインを停止する

    今回記事の引っ越しのために入れたプラグインを、停止するかアンインストールします

手順としては、この5つの行程です。

難しいと思うかもしれませんが、1つずつ説明を見ながらやってみればとっても簡単ですよ。

では、早速1つずつやっていきましょう!

 

まずは移動する記事の準備

まずは最初に、今回移動したい記事を一括で引っ越しさせるために、必要な準備があります。

それが、移動したい記事を1つのカテゴリにまとめておくということ。

今回の移動の方法は、カテゴリーを指定してそのカテゴリに入っている記事を一度に移動することができます。

けれど、逆を言うと指定したカテゴリーはすべて移動してしまうので、その中でもこの記事は残したい、この記事だけ移動したいということができないんですよね。

なので、今回移動したい記事が1つのカテゴリにまとまっていない場合は、今回移動する為に新しくカテゴリーを作るのがおすすめです。

もしくは移転先のブログのカテゴリー名に合わせて変更しておけば、カテゴリー名はそのままインポートされるので後々カテゴリーの変更をする手間が省けますよ。

 

カテゴリーを新しく作る作業は普段からやっていると思うのですが、とっても簡単です。

移動したい記事の編集画面を開いて、右側のカテゴリーを選択するところで『+新規カテゴリーを追加』をクリック。

移動用のカテゴリー名をなんでもいいので入力します。

 

新規カテゴリーを追加を選ぶと、新しくカテゴリー名ができます。

移動したい記事を、すべてこの移動用のカテゴリーに移しておいてくださいね。

もちろんもともと1つのカテゴリーをそのまま移動したいのであれば、この作業は不要です。

同じカテゴリー内のいくつかの記事だけを選んで移動したいときや、カテゴリーをまたいで記事を選択して移動したいときだけは、この作業が必要です。

 

ちなみに新しく作ったカテゴリーは、もちろん移動が終わったら削除して問題ありません。

カテゴリーを削除するときには、投稿の中のカテゴリーを選んで

 

移動用に作ったカテゴリーの下にある『削除』を選んで消すだけです。

こうやって1つのカテゴリーに移動したい記事を集めておくことで、一回の手順でまとめて移動ができるようになるので、必ず準備しておいてくださいね。

 

1.移転元のブログにプラグインをインストールする

では準備ができたところで、いよいよ記事を移動するための行程をお伝えしていきます。

まず最初に、今回記事を移動するためにはプラグインをインストールする必要があります。

移転元のブログのワードプレスに、「DeMomentSomTres Export」というプラグインをインストールしましょう。

こちらのプラグインは、記事をエクスポートするためのプラグインです。

『管理ページ』⇒『プラグイン』⇒『新規追加』で「DeMomentSomTres Export」を検索し、『今すぐインストール』します。

 

インストールが完了したら『有効化』をクリックすると、以下のウィンドウが出るので『SKIP』で進んで大丈夫です。

これで「DeMomentSomTres Export」のインストールができました。

 

2.移転元から記事をエクスポートする

続いては今入れた「DeMomentSomTres Export」を使って、移転元のブログから移動したい記事だけをエクスポートします。

移転元のブログの管理ページから、『ツール』⇒『DeMomentSomTres Export』を開きます。

 

開いたページで、移動したい記事のカテゴリーを選んでいきます。

『投稿』をチェックして、カテゴリーは今回移動用に作成したカテゴリー、もしくはもともとある移動したいカテゴリーを選択。

 

『ステータス』も選択できるので、もし下書きの記事だけを移動したいとか、公開中の記事だけ移動したい場合は選択します。

そして1番下の『エクスポートファイルをダウンロード』をクリック。

ダウンロード先をデスクトップなどにしておけば、見失いにくいので安心です。

指定せずに保存してしまった場合は、Windowsならダウンロードファイルに入っていることがほとんどなので、その中を探してみてくださいね。

移転元のブログでの作業は、ここで一旦終了です。

 

3.移転先に記事をインポートする

続いては今移転元から抜き出して保存した記事を、移転先のブログにインポートしていきます。

が、その前に1つだけ確認。

もし移転先のブログに「EWWW Image Optimizer」という画像サイズを最適化してくれるプラグインが入っている場合は、インポート時に写真やメディアデータがうまく移動しない可能性があります。

なので、「EWWW Image Optimizer」が入っている場合は1度インポートするときだけ、無効にしておいてくださいね。

もし「EWWW Image Optimizer」を使っていない場合は、特に何もしなくて大丈夫です。

 

では早速インポートしていきましょう。

移転先のブログの管理ページから、『ツール』⇒『インポート』を開きます。

 

インポートという画面が開くので、その中の『WordPress』の下にある『今すぐインストール』を選択。

 

『インポーターのインストールを完了しました』と表示されたら、『インポーターの実行』をクリック。

 

『WordPressのインポート』の画面が開くので、『ファイルを選択』ボタンをクリック。

 

インポートするファイルを選ぶ画面がでるので、先ほどダウンロードして保存しておいたデータファイルを選択して『開く』を選択します。

 

ファイルを選択すると『ファイルをアップロードしてインポート』ボタンが青くなるので、クリック。

 

『WordPressのインポート』という画面が開くのですが、『1.インポートする投稿者』は現在ログインしているアカウント名で良い場合はそのままで大丈夫です。

『添付ファイルのインポート』のチェックは、写真などのメディアファイルを移動したい場合はチェックを入れます。

この時に、先ほど最初に書いた「EWWW Image Optimizer」の無効化ができていないと、うまく写真データが移行しないので注意してくださいね。

一番下の『実行』ボタンをクリックします。

 

あっという間にインポートが完了!

この画面が出れば、エラーもなく無事記事のインポートができたということになります。

 

念のため、きちんと記事が入っているか確認してみましょう。

選択したカテゴリー名はそのままで、すべての記事がインポートできているはずです。

あとはカテゴリー名を、移転先のブログのカテゴリーに合わせて再度変更してくださいね。

 

4.リダイレクトを設定する

これで無事に、移転元のブログ記事を移転先へ移行することができました。

とは言っても、現在の状態では「移転元のブログ」と「移転先のブログ」の2つのブログで同じ内容の記事が公開されています。

このままだと、重複するコンテンツがネット上にあるため、Googleからのペナルティを受けてしまう可能性が高いです。

なので続いては、移転元のブログにアクセスが来た場合に自動的に移転先のブログへ転送をされるように、リダイレクトという設定をしていきます。

 

リダイレクトをする方法には「.htaccessを編集する方法」というのもあるのですが、レンタルサーバーの管理画面からの操作が必要になるので、ちょっと初心者にとってはハードルが高いんですよね。

なので今回は、簡単にできるプラグインを使った方法をお伝えしますね。

 

まずは移転元のブログの管理ページから、『プラグイン』⇒『新規追加』で「Simple 301 Redirects」というプラグインを探します。

見つかったら、『今すぐインストール』⇒『有効化』

 

続いて『設定』⇒『301 Redirects』を選択。

 

開いた画面に、リダイレクトをかけたい記事の情報を一つずつ入れていきます。

左側の『Request』には移転元の記事のアドレスを、ドメイン無し(https://○○.comなどはなしでその先から)で入力。

右側の『Destination』には、移転先の記事アドレスをドメイン有(https://からすべて)で入力します。

 

わかりにくいので書き出すと…

左側 Request

/2018hurikaeri/

移転元ブログのhttps://○○の後ろのアドレスだけ

 

右側 Destination

https://○○.com/2018hurikaeri/

移転先ブログのhttps://から全部のアドレス

と、こんな感じに入力してください。

 

1つ入力したら、下の『変更を保存』をクリック。

すると新しい入力欄が現れるので、新たに別の記事のアドレスを入力していきます。

移動した記事が10記事あると10記事分、50記事あると50記事分と少し手間がかかってしまいますが、これをしておけばネット上に重複することはないので安心です。

この作業を終えたら、移転元の記事のアドレスにアクセスして、きちんと転送がされているかを確認してみてください。

無事に転送できていればOKなので、あとは移転元の記事をゴミ箱に入れるかステータスを未公開へ変更しておけば大丈夫です。

 

5.エクスポートとインポートに使ったプラグインを停止する

最後に今回の記事の引っ越しのために入れたプラグインは、必要なくなるので停止もしくはアンインストールしておきましょう。

必要ないプラグインを有効にしておくと、ブログの表示スピードが遅くなったりもするので忘れずに行ってくださいね。

移転元ブログから「DeMomentSomTres Export」の停止

移転元のブログには、「DeMomentSomTres Export」を入れたのでこちらを停止します。

管理ページから『プラグイン』を開き、「DeMomentSomTres Export」の下にある停止

をクリック。

 

もしくは「DeMomentSomTres Export」の左側にあるチェックをつけて、一括操作の削除を選んで削除してもOKです。

 

移転先ブログから「WordPressインポートツール」の停止

移転先のブログにも、「WordPressのインポートツール」というプラグインが追加されています。

こちらも停止しておくか、もしくは削除しておきましょう。

また使いたい時には、先ほどと同じように『ツール』⇒『インポート』から使うことができますよ。

 

以上がブログの記事の引っ越しをする手順でした。

工数にすると少し多いのですが、案外簡単だったんじゃないかなと思います。

この方法で記事を移動できると、全部記事をコピペして新しい記事へ移行するなんて必要もないので便利ですよね。

私の様に人気があるカテゴリーだけを、特化ブログへする為に移動するなんてことも簡単にできてしまいます。

ぜひ活用してくださいね。

 

今までの記事のアクセスは引き継げるの?

ひとつ気になるのが、もともとの移転元の記事がアクセスが集まっている記事だった場合。

そのアクセスや記事の評価って、そのまま引き継げるの?ってこと。

せっかく今まで積み上げてきた評価が、ブログを引っ越しすることでゼロに戻るのは悲しいですもんね。

 

その答えなのですが…

残念ながら、記事を引っ越ししてしまうとその記事の評価はまた0からになってしまいます><

 

それもそのはず。

今回ブログを引っ越しした記事って、もちろんアドレスも変更されてしまうんですよね。

ドメインの後ろの部分(.comや.jpの後ろ)が同じだとしても、ブログ自体のアドレスが違うのでそれは仕方ないことです。

なのでしばらくは検索エンジンで検索した時に、移転元のブログがそのままの順位で表示され、そこからリダイレクトを受けて新しい記事へ転送されてくることはあります。

けれど移転元の記事はゴミ箱へ、もしくは非表示にしているのでそのうち表示されなくなります。

そうなると、また新しく引っ越しした記事が頑張って検索順位を上げて表示されるまでは、残念ながらアクセスは集まらなくなってしまうんですよね。

だから移転元ではブログパワーが強くて上位表示されていた記事も、新しく立ち上げたばかりの新ブログへ移動することでブログパワーがなくなって上位表示されなくなってしまいます。

 

これ、私は1度目の特化ブログへの移動の時に失敗したんですよね。

すでにアクセスがけっこう集まっている記事も含めて、カテゴリーごとごっそりと新しいブログへ移動して、特化ブログにしてみたんです。

したらそれまでそのカテゴリーだけで1日1,000PV以上集まっていたのに、新しい特化ブログへ移したとたんに1日100PVも集まらなくなってしまいました…T_T

全く同じ記事を引っ越ししただけなのに、新しいブログだと検索順位が上位表示されないがためにアクセスが全く集まらなくなってしまったんです。

その後3ヵ月ほどで、何とか以前のPVくらい集まるようにはなって、さらに記事を追加したこともあって今では2,000PVを越えるようにはなりましたが、順位が戻らない記事もあったりしてかなりもったいないことをしてしまったなって思ってます。

 

なので、もしブログの記事を移動したいという場合でも

すでにアクセスが集まっている記事なら、なるべく引っ越しはしないほうが良いです!

その記事はそのままにしておいて、外部リンクで新しいブログへの動線を作っておけば、そこから新しいブログへの流入も見込めるので一石二鳥!

アクセスが集まっていない記事だけを移行させるようにしましょう。

 

またもしアクセスが集まっている記事と同じような内容の記事が、新しいブログにも欲しいという場合。

そんな時には改めて同じキーワードなどを狙って、もう1記事新しいブログに記事を追加したほうがいいですね。

もちろんその場合は、キーワードは移転元ブログの記事と同じものを選んでも、記事の内容は丸々コピーなんかはしないでくださいね。

書いている内容は同じだとしても、言い回しや表現を変えてリライトしながら書くのがおすすめです。

そうすればもしかすると、同じキーワードでも1ページ目に自分のブログの記事が2つ表示されるなんてこともあり得ますしね。

もしアクセスが集まっている記事でも他のブログへ移動させたい!という場合は、評価は引き継げないのでまた1からになるということだけは、頭に入れておいてください。

完全に新しいドメインを取得するのではなく、サブディレクトリを取得してそちらに移動することもできます。

サブディレクトリだと今までのメインのドメインパワーは引き継げるので、使い方によってはかなりメリットがありますよ。

サブディレクトリをXサーバーで作成する方法は、こちらを参考にどうぞ。

Xサーバーでサブディレクトリを作る方法を図解付きで説明。『サブディレクトリでブログを分けたいけれど、どうやってすればいいんだろう?』 今回私はこのブログで、メルマガ登録ページをサブディレ...

 

ブログの記事を引っ越しする方法 まとめ

今回はブログの記事を、別ブログへ移行する方法をお伝えしました。

手順はそこまで難しくないので、新しいブログを立ち上げて特化ブログへしたいときなどにはとっても便利です。

ただし、移転元のブログですでにアクセスが集まっている記事を引っ越ししたい場合には、一旦必ずアクセスが減ってしまう事だけは忘れないでくださいね。

新しいブログで心機一転頑張りたい!というならいいですが、今まで積み上げてきたものを生かしたいという場合は、引っ越しはしない方がいいですよ。

ワードプレスの記事の引っ越しをしたいという人は、ぜひ参考にしてください^^